Skip to main content

年齢と共に良質でシンプルなケアに変えていき、トラブル減少

20代の頃はテカりやニキビケア、CMやブランドイメージ優先で選んでいました。肌に合っているかはそれほど気にしておりませんでした。

そのせいか合わないもので肌荒れを起こしたり、付けすぎてベタベタし痒みが出たりとトラブルばかりでした。

それを隠す為に、どんどんカバーをしていくようになっていました。

でも今40代となって、上に重ねるには限界もあり、隠せないことも多くなっていました。

そして土台造りに力を入れることが、仕上がりがいいんだと思うように感じました。

それからは出来る限り肌に負担のかからない、ナチュラルな物を選ぶようにしています。

洗顔前にオーガニックなオイルを馴染ませ、化粧を浮かせ優しく拭き取り、その後クリーミーな泡で丁寧に洗い落としています。

このようにしてから、肌のトラブルも格段に良くなりました。強い洗浄力ではないので、ヒリヒリすることもなくなりました。

その次に使うのがオールインワンジェルのシズカゲル(http://www.collectiflacarteblanche.com/)です。時短メイクにはこれが最適かなって思います。

その上使用する物も少ないので価格も押さえられ、素材の良いものを選べるようになります。

ファンデーションはBBクリームタイプでも、十分事足りるようになりました。

工程がシンプルなので、時間短縮にもなります。

このところのトラブルとしては、乾燥によるほうれい線が挙げられます。

その対策としては、その部分だけオイルを別のものを重ねて付けたり、マッサージしながら入れていくようにしています。

毎日引き上げるようにするなど、常に意識することは忘れません。

その都度、自分なりに良く観察して、見落とさないようにしています。

これからも肌の状態は、年齢で変わっていくものだと思うので、工夫しながら付き合っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です